貿易事務で働くのが向いているタイプ|貿易関係の仕事には英語のスキルが必須!まずはお仕事を知ろう

得意の英語を貿易の仕事で活かして働いてみよう

得意を活かせる仕事

せっかく英語が得意なのであれば、その得意と思えるものを活かせる仕事についた方が良いです。こちらでは英語を多用に使用して活かせる仕事である貿易事務の魅力について紹介しています。

英語を活かせる貿易事務の魅力

支える存在である

貿易事務の魅力は何と言っても、自分の仕事の役割が流通を支えているという意識を持って働けるところです。海外との取り引きを行なった流通の品物を輸出入を担当しているので、そういった責任感を持って働けるところも魅力の一つです。

英語を最大限に仕事で活かせる

せっかく英語が話せるのでしたら、そのスキルを仕事で最大限に活かせる仕事をしたいですよね。貿易事務の仕事内容はほとんどが英語を使用して行う仕事内容なので、自分の英語能力を活かした働き方が出来ます。

海外文化が近くに感じられる

貿易事務の仕事は、事務作業が一般的ですが海外との取り引きの中で働くので日本の事務とはまた違った楽しみ方が出来ます。海外の文化を近くに感じられた中での働きは刺激的で働きがいのある空間になるでしょう。

貿易事務で働くのが向いているタイプ

人の絵と手

海外と関わることを楽しめる

貿易に関わる仕事に向いている人の特徴は、国際的ビジネスに興味があり、その中で働くことにやりがいを感じる人が向いていると言えます。また、一般的な日本の会社ではありえないような海外らしい出来事を楽しめる方も向いているでしょう。

スケジュールの管理能力

貿易事務の仕事などは、輸出入に関わる仕事などの事務処理なので調整スケジュール管理能力などが求められます。そのことからわかるように、調整能力が必要とされるでしょう。

事務処理が得意

貿易事務が一般事務職と違った点は、輸出入に関係する手続きなどがあげられます。他にも見積もりや書類作成などの処理能力も必要とされます。そのため、事務処理が得意な人が向いていると言えるでしょう。

英語の読み書きができる

仕事において英語を喋れることも重要ですが、貿易事務などの事務作業が必要となる仕事では英語の読み書きが出来ることも必要とされます。そのため、英語でのメールの返信や書類作成が出来るレベルが求められています。