未経験からの始め方|貿易関係の仕事には英語のスキルが必須!まずはお仕事を知ろう

英語経験を貿易事務で活かしてキャリアを積んでいこう

就職の時のチェックポイント

就職の際には労働時間や手当など、気になるポイントはチェックしておくことが大切です。それは働く中でとても大切なことだからです。ここでは就職前に知っておきたいことを説明しています。

貿易事務の給料について

経験者であるほど有利

貿易事務の仕事の場合、給料は会社や業務内容によって異なります。そして貿易に関する専門的な知識が求められる仕事であるため、経験者の場合には給料に期待が出来る職種です。

就業時間の長さ

派遣社員などの時給制で働く場合でしたら、就業時間の長さで働くと良いでしょう。派遣社員の場合も経験者であれば、時給は高くなります。収入重視で選ぶなら、時給と就業時間の長さで判断すると良いでしょう。

残業代が出るか確認する

貿易の仕事は、取り引き先が海外が相手になるので時差の問題が発生します。その関係で残業が発生する場合もあります。そのため、就職活動の際は残業代がきちんとつくのかシステムを把握してから働くようにしましょう。

未経験から経験を積んでいく

貿易事務の職種は未経験からも始められます。初心者からのスタートなので、経験を重ねてスキルアップをしていけばそれ相応の給料アップが期待出来ます。そのため、専門知識などを学んで着実にスキルを身に付けていくことが大事です。

未経験からの始め方

英語とスーツの人

学べてスキルアップも狙える

貿易事務の職種は、未経験からでもアシスタントとして始められる機会があります。だからこそ、本人の成長次第でキャリアアップを狙える仕事だと言えます。書類作成からメールのでの指示受けや、取引先との交渉などやりがいのある仕事が出来るでしょう。

英語スキルをアピールしよう

未経験の方が貿易事務を始める時に気になるのは、やはりどれくらいの英語のスキルが必要かどうかですよね。この仕事は大半が英語が必要な仕事なので、TOEICが600~700点あると就職の際にも有利になるでしょう。他にも英検2級を持っていれば良いです。

セミナーを受講する

初めての仕事に挑戦するのであれば、やはりお仕事セミナーを行なっている場所で積極的に授業を受けることが大切です。わからないことばかりだからこそ、事前に準備をしていれば安心です。貿易事務の仕事内容を教えてくれるセミナーで学ぶことも出来るので参加することをおすすめします。

働いていく上で資格を取得する

例えば留学経験などがある人の場合、それを仕事のスキルとして強みに出来るので貿易事務の仕事が向いているといえます。もうすでに仕事に就いているのであれば、さらなるキャリアアップを目指して貿易の資格を取得するのも良いでしょう。