英語スキルを武器にして貿易事務のお仕事をスタートさせよう

得意を武器にする

英語が喋れたり、英文の読解が得意な方は沢山いると思います。この時に、自分の得意分野を武器にして仕事で活用していくことはとても大切です。ランキングでは英語が得意なことによって活かせる職種をランキングで発表しています。

英語を活かせる職種

no.1

貿易関係

貿易事務と一般事務と大きな違いは、英語を活かして働ける仕事だと言うことです。メールのやり取りや書類作成などが必要のため、英語での読み書きが得意な方は最大限に活かせる仕事として選ばれています。

no.2

入国審査官

空港で働ける、国家公務員の仕事です。多くの外国人が日本に入国するために必要な審査を行う仕事です。日頃から外国人と接することが出来る仕事です。英語が話せる人に選ばれている仕事です。

no.3

広告のプランナー

意外に思われますが、今やネットの広告では英語のスキルが必要とされています。だからこそ、英語スキルを持った人が求められている仕事です。英語文の読解を得意な人がプランナーとして活躍しています。

[PR]

貿易会社へ就職する前に英語を勉強しよう
スキルアップにピッタリ☆神戸の就労継続支援B型事務所をチェック!
雇用事例を豊富に紹介警備員の優良求人情報!
希望したエリアから探せる。

スタートはそれぞれ

スーツの人

正社員を目指すなら

貿易事務で正社員になるには、経験者が求められます。だからこそ、経験を積んでからの正社員への昇格は可能となるでしょう。その中で、さらに貿易資格や英語スキルを持っていればさらにアピールポイントになります。

スタートは同じ

英語スキルや貿易資格を持っていたとしても、実際に働くのがスタートすれば先輩社員に学んで仕事を覚えていくことがほとんどです。まずは新人として基本的なことからコツコツこなしていくことが大切です。

貿易事務のお仕事で気になること

貿易事務に再就職したいけど可能ですか?

再就職する先の企業の規定により異なりますが、貿易事務は経験者歓迎の企業がほとんどなので可能だと言えます。離職してから期間が空いているのであれば、現状の貿易の流れを事前に把握しておくようにしましょう。

貿易事務はやりがいのある仕事ですか?

やりがいのある仕事です。なぜなら、さまざまなケースが発生しても柔軟に対処する能力が求められる仕事だからです。そのため、他の職種よりも貴重な経験が出来ると言っていいでしょう。

英語はやっぱり必要ですか?

必要です。貿易事務では、目を通す資料などはほとんどが英文です。その他にもメールでのやり取りも基本的に英語を使っての作業になります。そのため英文の読み書きが出来るレベルが求められています。

新着情報